プロフィール

GOZZIRA2011

Author:GOZZIRA2011
茨城県・県北在住
原子力に挟まれてます。
放射線が気になる毎日です(><)

カレンダー
10 | 2017/03 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

~手作りガイガーカウンター!?~

おもしろいものを発見しました!

家庭でできる科学実験として紹介されているそうです。


あくまでもグローランプから放出される放射線を感知するだけで

数値などは計測できないですが、ガイガーカウンターの仕組みを

簡単に理解することができるんじゃないかと思います(^^)



※引用
ガイガーカウンター/放射線測定器について学ぼう

準備するもの
【電気コップの材料】アルミホイル、ペン、はさみ、スチロール樹脂製のハードタイプの
            プラスチックコップ3個
【本体の材料】カメラのフィルムケース2個、リード線(約30cm)2本、セロハンテープ、
        カッター、がびょう、瞬間接着剤、消毒用アルコール、綿棒、紙、ライター、ラップ、
        輪ゴム、AMラジオ、塩ビ棒、キッチンペーパー、グローランプ
 ※グローランプの放射線量は弱いため、グローランプのケースの中のガラスを外して
 実験すると分かりやすいと思います。

電気コップを作る
 ① プラスチックのコップにはさみで切れ目を入れ、底の部分を切り落として扇形に開きます。
  この扇型をアルミホイルの上におき、ペンで周りをなぞり、2枚の型をとったあとに切り離します。
 ② 2枚の扇形のアルミホイルをそれぞれプラスチックコップの口から1cmしたに巻き付け
  テープでとめます。余ったホイルはコップの底に折りたたみます。
  プラスチックコップ2個分を作成します。
 ③ アルミホイル10cmほどを切り取り、幅1cmに折りたたんで長さ20cmの板にします。
  ホイルの両端を重ねて片方を輪の状態にします。先程のプラスチックコップを重ねて、
  その隙間にホイルの輪と反対側の端を挟み込みます。
  この輪の部分が静電気を受ける集電板になり、コップに電気を溜める事ができます。

本体を作る
 ① カメラのフィルムケースの底をカッターで落とします。
  このケースのふたは真ん中にがびょうで穴をあけておきます。
  ケース側面にもがびょうで穴を開けておきます。
 ② リード線の被覆を10cm程度むいて中の銅線を1本残して切り落とします。
 ③ 1本残った銅線を先程穴を開けたふたの外側から通し、出た部分を半分に折り曲げます。
  折った部分をつぶさないように軽くよじります。銅線とふたを瞬間接着剤で留めます。
  これがプラス極になります。
 ④ もう1本のコードの被覆を1cmほどむき、フィルムケース筒の側面の穴に通し筒の中で
  銅線を筒の内側に広げます。
 ⑤ フィルムケースの筒に銅線を留めたふたを付け、筒の内側を綿棒にしみこませた
  アルコールで拭いて汚れを落とします。筒の内側一周の長さで2cm幅に切った紙を、
  筒の内側の銅線に接触するように沿わせます。この紙がマイナス極になります。
 ⑥ ⑤の中にライターのガスを203秒分入れ、ケースにラップでふたをし、輪ゴムで留めます。
  余分なラップは切り取っておきましょう。
 ⑦ ラップでふたをした方を上にし、もうひとつのフィルムケースにのせてテープで固定します。
  これでセンサー部を絶縁したことになります。
 ⑧ リード線の反対側を2cmほどむき、マイナス極のリード線を電気コップと電気コップの
  重なった隙間に挟み込み、プラス極のリード線を電気コップの外側のアルミにテープで留めます。
  塩ビ棒をキッチンペーパーでこすって静電気を起こし、電気コップのアルミ版部分に送ります。
  フィルムケースのそばに、ラジオをチューニングを外して置き、センサー部分に
  グローブランプを近づけると、ラジオからバチバチと音がします。
  音の数だけ放射線が通ったことになります。
 ※グローランプの放射線量は弱いため、グローランプのケースの中のガラスを外して
  実験すると分かりやすいと思います。

ガイガー

スポンサーサイト

~ガイガーカウンターとは?~

東日本大震災での原発事故以来、よく耳にするようになった

ガイガーカウンター(放射線量計測器)


もはや知らない人はいないだろうと(多分)思いますが、

ここでガイガーカウンターとは何ぞや?という方のために

簡単にご説明します。


※weblio辞典より引用

【ガイガーカウンター】別名:ガイガー・ミュラー計数管

端窓型管(端窓型計数管)と呼ばれる、「窓」の付いた筒の形をしており、
筒の中を通過した電離放射線を検出して数値化することができる。

ガイガーカウンターで検出可能な放射線の主な種類として、X線、ベータ線、ガンマ線
などがある。機種によってはアルファ線なども検出対応としているものがある。

最近の市販のガイガーカウンターでは、設定した放射線量率を超えた場合
にブザーを鳴らす機能、液晶デジタル表示、USB充電機能といった様々な機能が
搭載されている。


放射能は目に見えないものなので、人体への影響など

気になりますよね。

特に、小さな子供をお持ちの親御さんは、子供の将来への影響を

考えると不安になってしまいますよね(><)


不安を少しでも軽減するべく、自分で放射線量を測定し

把握することが、今できる一番の放射能対策なんじゃないかと

自分は思っています(^^)


安心で安全な毎日を過ごせるためにも、

できるだけ自分でしっかり管理していきましょう!

ガイガー
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。