プロフィール

GOZZIRA2011

Author:GOZZIRA2011
茨城県・県北在住
原子力に挟まれてます。
放射線が気になる毎日です(><)

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

~行政への不信感と市民の自主性~

産経新聞ニュース
一部引用⇒http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111016-00000097-san-soci

東京都世田谷区の民家で放射性物質のラジウムが見つかるなど
住民による独自の測定で局所的に高い放射線量が計測される
「ホットスポット」の発見が首都圏で相次いでいる。

東日本大震災後の福島第1原発事故以降、政府をはじめ行政への不信が積み重なり、
住民に自主性が生まれたとの指摘がある一方、専門家ではない住民が測定することで
思わぬ混乱を招くこともある。

 「放射線量の高い場所がある」

世田谷のラジウム騒動は区民のこんな情報提供が発端だった。

横浜市が今月12日、市内のマンション屋上でストロンチウムが検出されたと明らかにしたのも、
住民が民間機関で検査してもらったためだった。

8月に川崎市の公園で泥から見つかったセシウムは、独自に放射線量を測定していた
市民グループが発見した。

千葉県船橋市の公園で12日、毎時5・82マイクロシーベルトの高い放射線量を測定し、
市へ届け出た市民グループ代表、朝倉幹晴市議(48)=市民社会ネット=は

「公園のような広場の片隅は隠れた『マイクロ・ホットスポット』が
存在して危険だが、行政は測定しない。
自分たちで調べることで、どんな場所に注意すればいいかの目安になる」

と話す。



素晴らしいことだと思います!

行政がしっかり対応してくれるのが一番だろうけど、

頼りにならない・・・


日本が変わってくれることを切に願ってます!!


ガイガー
スポンサーサイト
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。